口コミでわかる毛皮買取の特徴

毛皮のコートなど、毛皮製品は近年ではほとんど見かけなくなりました。というのも、ワシントン条約によって動物の捕獲数が制限されたことにより、材料となる毛皮そのものがほとんど入手できなくなったためです。以前から毛皮は高級品として取り扱われており、よいものとなると100万円、1000万円を超えるものが当たり前でしたが、近年ではそれだけの現金を用意しても気に入ったものが見つからないということも少なくありません。

一方で、不要になったコートなどを毛皮買取に出したいと考えている人もいます。毛皮はもともとが高級品であったこともあり、古着でも高額で買い取ってくれるのではないかと期待されがちですが、口コミで見ると100万円を超えるものでも数千円の値段がつけばよい方で、場合によっては100円単位、もしくは全く現金にならなかったというケースもあります。

とはいえ、買取店によって査定額に差が生じることは珍しくありませんので、実際に買取を利用した人の口コミをチェックして、対応の良かった業者を中心に、複数の業者から相見積もりを取ってみるというのもよいでしょう。遠方にしか店舗がない場合でも、出張や宅配を利用することができます。毛皮買取では、大体口コミを見ると100万円を超えたコートが数千円となっています。かなりの値崩れをしているように思えますが、現在では毛皮の需要がそれほどないこと、衣類の場合には、バッグのような定番の商品がないことからすぐに流行遅れになってしまうこと、デザインの種類が豊富なために万人受けするものではないことなどが大きな原因となっています。もちろん、リサイクルショップの量り売りに比べるとある程度の金額にはなりますが、相当な高額商品にはなり得ませんので覚悟しておきましょう。

口コミをチェックすると、中には数万円、あるいは10万円を超える買取りをしてもらえたというケースがありますが、こちらは複数のコートを持ち込んだ場合や、ほぼ未使用品、購入して間がない商品などがほとんどです。一方、ある程度の年数が経過したブランドの毛皮の買取価格は?となると、掲示板に掲載されているとおり、300万円の金額で購入したものが5000円程度ではないかと判断されています。このことから、処分のつもりで数千円で手放すのか、そのまま保管しておいて時々使用するのかということを自分で判断できるようになりますので、一度チェックしてみましょう。